お役立ち情報‎ > ‎法律‎ > ‎

ヒアリングについて

警察にチケットを切られたとき、福祉を不正に受け取っているのではと指摘をされたとき、失業保険の受け取りが不正なのではと雇い主が主張したとき、ヒアリング(聞き取り)に呼ばれることがあります。これは言い分の違う双方の主張を聞き、それらの材料をもとに弁護士が判断を下す法のシステムです。

  1. 警察にチケットを切られたときや、支払いに対してアピールする機会が与えられているとき:

    • まずは書いてある説明に従い、アピールする旨の文書を送ったり、必要な場所に出向きましょう。その場合はできるだけ客観的な証拠や文書を準備していくこと。

  2. 不正なのではとの嫌疑でヒアリングに招聘された場合:

    • まずは書いてある説明に従い、できるだけ客観的な証拠や文書を準備しましょう。目撃者や証人がいればお願いしましょう。
    • 通訳が必要な場合はリクエストしましょう。
    • 弁護士が必要な場合は、(一般に同封されている)情報に従い州選の弁護士か個人の弁護士を手配しましょう。
    • ヒアリングの日時がどうしても都合が悪く変更せざるを得ない場合、その旨書面にしてリクエストしましょう。
    • 当日は時間通りにその場所に着くようにしましょう。
    • 受付を済ませますが、相手側がその場に現れないこともままあります。その場合は相手側が放棄した場合も多く、あなたの主張が通る場合が多いようです。ただしオフィスは相手側がなぜ来れなかったかを調べ、不可抗力であった場合再度ヒアリングを予定してきます。

  3. ヒアリング弁護士の前に立ったら:

    • まず相手が主張を聞かれている場合、それが自分の納得のいかない内容であってもその場で反論することをせずマナーを守って聞きます。
    • 自分の番がきたら感情的にならずに客観的に自分の意見を論理的に述べます。

Comments