地域のシニアセンター情報

身体機能、認知状態、医療疾患、精神状態に問題がなく、自立生活ができているうちに、老後生活に備え日頃から準備・計画をしておく。

Senior Center (シニアセンター)、またはCouncil on Aging(高齢者評議会)

ほぼ全ての町ごとにあるSenior CenterやCouncil on Agingはシニア、その家族や世話をする人への支援を提供。高齢者の権利を擁護し、支援するアドボケート(ソーシャルワーカーや介護経験者など)、そして様々なアクティビティを提供している。

各Council on Agingはその地元高齢者のニーズや地元にあるリソースを元に優先順位をつけて支援を提供している。Senior Centerは地域で自立して暮らす高齢者の憩いの場になっている。


こうした団体の中にはソーシャルワーカーがいるところも多く、ホームケア、高齢者住宅、高齢者施設の情報も提供している。自宅での暮らしの維持が難しくなってきた場合、情報を探す最初の場所としてSenior Centerはお勧め。


MA 州では、高齢者住宅や高齢者の福祉を受けられるのは通常65才からだが、 Senior Centerは60才から使

用できるところが多い。またプログラムによっては55才からというところもあるので、各施設に確認のこと。


一般的に各地のSenior Centerで提供されているサービス:

  • 移動手段の情報と支援(ライドの紹介や手配など)

  • ランチプログラム(要予約)

  • 健康のスクリーニング

  • 健康保険相談

  • 社交イベント

  • 運動やリクリエーション

  • 生涯教育

  • 社会福祉サービス



MA 州のSenior Centerを探す:

https://www.caremassachusetts.org/list11_MA_senior_centers.htm

※居住地以外の地域のSenior Centerに参加できるところもある。担当地域以外に住む方が利用する場合は費用が割高になったり、プログラムによっては地域居住者限定のものもあるため、各シニアセンターにて確認が必要。