Assisted Living Facility (ALF)

(アシステッド リビング ファシリティ)

Assisted Living Facility (ALF) は日常生活動作に介助が必要な高齢者に住まい、食事、介助ケア、その他必要なサービスを月額の費用で提供している。個人の居室(ベッドルーム、バスルーム、キッチン等)がありプライバシーも守られ、24時間のセキュリティ/サポートサービスがある。

ただし、ALFは「高度介護施設」「介護リハビリ施設」と違い、医療看護ケアは提供せず、重篤あるいは継続する医療問題には対応していない。医療看護ケアが必要な時は、状況によりHome Health Care(ホームヘルスケア/HHC:訪問看護)サービスを利用することで対応できる時もある。

しかし、継続的な医療看護ケアが必要になったり、高度な介助が必要になったり、施設の対応限度を超えた場合は、Skilled Nursing Facilityへの転居を求められる。

看護師が24時間医療看護体制にあるSNFと違い、ほとんどのALFでは、看護師は日中のみの勤務で医療看護は行わない。投薬は看護師によって行われるALFもあるが、訓練されたスタッフにより薬の介助が行われるALFもある。(医療看護行為は非常に限られている。)

施設によって費用、特徴、サービス内容等に異なる点が多くあり、個人や家族にとって最適な施設を探す必要がある。


利用できるサービス例:

● ダイニングルームでの食事のサービス

● 掃除洗濯を含むハウスキーピングサービス

● 居室のメンテナンス/修理

● 社交イベントやお出かけイベント

● 送迎サービス

● 美容室

● 24時間セキュリティ


費用:

● マサチューセッツ州のALFの月額は$1,999~$9,550と大きな開きがある。

● 費用の違いは地域、施設の規模、デザイン、設備、部屋のサイズ、相部屋か等で異なる。

● 介助レベルが高い場合、月額に更なる介助費が追加されることがあるなど、施設によって費用の設定方法が異なる。

● 費用の支払いにMassHealthは使えない。殆どの場合、自費で支払う。Long Term Care保険が費用の一部を支払うかどうかに ついては保険会社、そして施設に要相談。

※資産が尽きた時の対処方法を事前に問い合わせる事を推奨。

● 州の管轄部署であるMassachusetts Executive Office of Elder Affairsには、Assisted Livingの入居者が支払う月額費用を抑制する機能はないため、費用の値上がりを考慮して資産に見合う施設選びが必要。

ALFの探し方:

MA州のサイトにある ”Assisted Living” のページを参照

https://www.mass.gov/topics/assisted-living

施設選びの参考:

● 施設を見学してみる

● 施設を見学した際に、その施設の居住者や家族から体験談を聞くためのコーディネートを施設にしてもらう

● 当該施設の評価を知りたい場合は、MA州のOmbudsman program(オンブズマン制度:監察制度)を参照

https://www.mass.gov/service-details/ombudsman-programs