Supportive Housing

(サポーティブ・ハウジング:公共住宅)

Supportive Housingとは、高齢者と障がい者向けに居室とサービスを合わせた、住環境を提供するマサチューセッツ州(MA)の公共集合住宅。コーディネーターが一緒に住むことで、安定した住環境と入居者のコミュニティが維持されている。

コーディネーターの任務:

● 入居者が住地域で必要な情報を得られるように手伝う

● 緊急応答システムを管理する

● 食事を提供する

● 入居者のための社交目的のアクティビティを計画する

※居室には各自のベッドルーム、台所/ダイニングルームとトイレ/シャワーがある。入居者はHousing Authority(各州の福祉の住宅を管轄する部門)を通して賃貸契約をする。

MA州には現在41箇所、6,060部屋がある。

https://www.mass.gov/doc/supportive-housing-sites-0/download

入居条件:

● 60才以上あるいは62才以上(その住宅の規定による)

● 認定を受けた障がい者

● 規定を満たした低所得者

● 犯罪歴や住宅歴審査をパスした者