JB Lineについて

JB Lineは、ニューイングランド地方の日本人及び日系人を中心とした人々の生活上の問題解決を援助するために20101026日に設立された非営利団体です。

そして、20125月7日にマサチューセッツ州の法人として登記されました。JB Line, Inc.は米国歳入庁(IRS)より税控除を受けることができる501(c)3の非営利団体として認められています。

JB Lineはいかなる団体からも独立した組織で、政治や宗教、ビジネスとの関係はありません。連邦・州・地域の法律を遵守し、すべての業務がどこから見てもわかりやすいように透明な運営を行っています。会計書類は公的な情報としてIRSから公表されています。

JB Lineのミッションステートメント

ニューイングランド地方に住む主に日本人・日系人を中心とした人々のニーズにこたえ、生活の向上を目指します。相談者に情報を提供し、適切な社会資源につなぎ、直接支援も行いながら、相談者が日常生活で直面する問題に対処できるようお手伝いします。

このミッション(使命)を実現するため、JBLineは次のことを行っています:

  • 24時間対応のホットラインサービスの提供。JB Line のホットラインは毎日24時間無料で日本語と英語で相談を受け付けています。
  • 平等な対応の保障。相談者が人種、性別(ジェンダー・アイデンティティ含む)、身体的・精神的障害、出身地、言語、セクシャルオリエンテーション、年齢、宗教、社会経済的地位、政治的信条、移民ステータスあるいは婚姻状況などで差別されたり区別されることは一切ありません。
  • 匿名性の保障と秘密保持。相談者の個人情報と相談内容は固く守られます。ただし自傷や他害の恐れがあると判断された場合は、JB Line は法律に基づいて関係機関に報告する義務があります。(下記*参照)
  • 相談者自身の解決能力に対する信頼と主体性の推進。JB Line は相談者が自分のために決断する能力と権利があると信じています。相談者の自己決定を高めるサポートを提供します。
  • 正確で最新の情報の提供。JB Lineは可能な限り現時点でもっとも正確な情報を調べ、相談者の必要に応じた適切なリソースへ紹介します。
  • 適正なJB Lineボランティアの育成。心理学、カウンセリング、ソーシャルワークなどの対人援助の経験を持つ24時間ホットラインのボランティアは、定期的な勉強会を実施し、スキルの向上に努めています。またボランティアの対応能力を超える相談内容については、スーパーバイザー(広い経験を持ち指導的な立場にあるもの)が指導的介入を行っています。必要に応じ外部の指導者を招き、勉強会も行っています。
  • 利益相反するケースの適切な対応。稀に利益が相反する両者から同じ案件のご相談が来る場合があります。このような場合は利益相反を回避しつつ、それぞれのご相談者に適切な団体などの紹介を通じ、同様のサポートが提供されるように努めています。必要な場合は利益相反委員会にて、適切な対応方策を決議、決定したうえで対応いたします。

 JB Lineのサポート

  • 24時間対応のホットライン

JB Line のホットラインは毎日24時間日本語と英語で相談を受け付けています。電話やメール相談には日米どちらかで臨床家としての専門教育を受けたもの(ソーシャルワーカー、臨床心理士、メンタルヘルスカウンセラー、看護師など)が常時応対しています。スタッフは相談者の個人情報および相談内容に関する守秘義務を守ります。ただし自傷や他害の危険性のある場合は、関係機関に報告する義務があることをご了承いただきます。電話、メールの相談は無料。匿名でのご相談もお受けします。

  • ケースマネジメント

電話相談だけでは対応できない問題に関しては、直接お目にかかり相談者のニーズに合わせたサポートプランを検討します。たとえば、適切な医療サービス・健康保険・福祉・シニア生活・法的なサポートなどに必要な情報提供と合わせて、各種機関への同行や通訳などJBLineができるサポートをご提案・提供します。また、言語・文化・システムの違いを理解する・あるいは相手機関に理解してもらう橋渡し的なお手伝いもいたします。このサービスには交通費・駐車場費など、実費を請求させていただきます。また経済的に問題がない相談者には少額ですが専門家の出張費のお支払いをお願いしています。

  • 個人面談(カウンセリング)

JB Lineでは日本語の話せる臨床家への紹介をしています。健康保険がカウンセリングをカバーしない場合にはArlingtonのオフィス、あるいは遠隔地の方はスカイプでのカウンセリングを検討しますので、ご相談ください。

  • ドメスティック・バイオレンス/離婚/ハーグ条約・親権についてのご相談 *

24時間365日の日本語対応ホットラインおよびメールを通じ、ドメスティックバイオレンス・離婚・親権の問題などでお悩みの方のご相談に対応しています。カウンセリング・簡単な法律相談・裁判所への付添い・福祉相談・通訳・緊急避難シェルターの紹介・各州のサポート組織との仲介など、相談者のニーズに合わせてサポート致します。このプログラムは在ボストン日本国総領事館からの委嘱契約を受けています。そのため、個人情報を除いた簡単な相談報告を総領事館に報告します。最初の連絡の際に同意を頂きますので、同意を頂けない場合はお知らせください。同意を頂けない場合でも支援には問題ありません。なお、簡単な相談報告を月毎にまとめて受ける外務省(総領事館)職員には国家公務員法に基づく守秘義務があります。日本人を守るためのプログラムです。

  • シニア訪問

JB Lineのボランティアは定期的にシニアのご自宅やシニアホームに訪問させて頂いています。シニアご本人やご家族、シニアホームから、「日本語で話す機会を」という多くのご依頼を受けたことから始まった、母国語を介した交流はボランティアにとっても心温まる楽しい機会となっています。訪問を受けたい方、また訪問したいという方、どちらのご希望も電話やメールにてご連絡ください。シニアのご利用は無料ですが、訪問してくださるボランティアには交通費をお支払いしています。

(できるだけ全ての方のご要望にお応えできるようにしておりますが、訪問希望者が多数の場合は必要性の高い方からとなりますので宜しくお願いいたします。)

  • サポートグループ

JB Lineでは毎月2つのサポートグループを開催しています:

o    女性のためのサポートグループ 離婚・ドメスティックバイオレンス・経済的問題・ワークライフバランスなどについて話します。JB Lineのオフィスにて

o    シニアのためのグループ(『わ』の会)月に1度のおしゃべりの会。ArlingtonEdith M. Fox Branch Library 地下ミーティングルームにて(175 Massachusetts Ave., East Arlington MA)※ケンブリッジ寄り小さな図書館です。Cleveland Street側ドアから入って地下へ階段を下りてください。※周辺道路に路上駐車可能です。※ご自身昼食など食べ物持込可能です。お茶は用意いたします

両サポートグループの次回の日程はJB Lineのサイト(www.jbline.org)に掲載いたします。お電話やメールで問い合わせいただいても結構です。参加は無料です。

  • アウトリーチ・ミーティング

JB Lineでは、ニューイングランドにおける日本人・日系人の生活向上のため、様々な教育普及活動およびミーティングを独自に、あるいは他機関と協力して不定期に行っています。テーマは、「ボストン生活ABC」「ハーグ条約」「海外での子育て」「シニアの老後の準備」など。日時など詳しい情報はJB Lineのサイトや各日系マーケットの掲示板にてご案内いたします。

 

JB LineBoard of Directors

Martha Hadeler 

Crane Lake Capital, Inc.

Anna G. Levine, Attorney at Law

Executive Director, Lawyers concerned for Lawyers

Dr. Megumi Inoue, ADN, MSW, LCSW, PhD

Assistant Professor, George Mason University

Hiro Onuma

New York Life Insurance Company

Satoko “Lisa” Watanabe, MSW, LICSW, President

Sachiko Solt, MSW, LICSW

Eriko Sato, CPA, Treasurer

 ___________________

Midori Tatsuta, Clerk