お役立ち情報‎ > ‎教育‎ > ‎

特別支援教育 Special Education

特別支援教育のサービスを受けるためには、医師によるDiagnose(診断書)が必要になります。日本にいるに、かかりつけの医師/専門医に英文の診断書を書いてもらい学校へ提出して下さい。

MA州では、その診断と生徒の長所/短所に合わせた特別支援教育を無料で提供します

日本で診断をされていない場合で、お子様に何か心配なことがありましたら、なるべく早くに学校へ連絡して下さい。学校側がチームをつくり、そのお子様にできる教育方法を考えていきます。また、主治医にも相談し、専門家からに相談して下さい。その診断により、特別支援教育のサービスを受けることができます。

特別支援教育が必要であると決定されますと、学校の教師のリードで、保護者と共に IEP (Individual Educational Program)と言われる、その生徒に合わせたゴールを設定し、チームでその達成に向けて努力していきます


 1. IEP (Individual Educational Program)の内容

  1. 生徒の個人情報
  2. 保護者の心配面/目標
  3. 本人、又は、保護者の1~5年内のおおまかな目標
  4. accommodation (生徒に合わせた調節:(例)視覚的に分かり易い教材、)
  5. アプローチの仕方
  6. 教科/活動に関する大間かなゴールとそれに関する具体的な目標(一年内に達成可能な目標)
  7. service delivery (サービスの頻度と長さ)
  8. 特別なtransportation service(特別なバス、モニター等)
  9. MCAS (マサチューセッツ州標準テスト)の受け方、MCASの変わりにポートフォリオを提出するか否か
  10. Placement(例:普通クラスにほとんどいるかどうか)
  11. その他の教育的なニーズ


2. 学校内のスペシャリスト

  • Reading Specialist (読む力を伸ばす専門家)
  • Literacy Specialist (読み書き能力専門家)
  • Psychologist (心理学者)
  • Counselor (カウンセラー)
  • ESL/ELL teacher(英語教育教師)
  • SPED teacher (特殊教育教師)
  • Occupational Therapist (OT:作業療法士)
  • Physical Therapist (PT:理学療法士)
  • Math Specialist (算数/数学専門家)
  • Speech Therapist (言語療法士)
  • Instructional Assistant/aid (助手)