お役立ち情報‎ > ‎教育‎ > ‎

大学受験までのタイムライン

9年生(Freshman)
9月 入学するとガイダンスカウンセラーが決まる(卒業まで同じカウンセラーが多い)
9年生の必要単位を決定
レベルにあったクラスを選ぶ(Regular, Honors)
2月 クラスの選択 – 次学年のクラスレベル (Regular / Honors /AP) について教科担当との簡単なミーティング

10年生(Sophomore)

10

PSATを受けてもよい (optionalであり記録はされない)

2月

次の学年のクラスを選ぶ

5月

(APクラスを受講していれば)AP Exam

6月 SAT Subject Tests

11年生(Junior)
10月

PSAT (National Merit Scholarshipの選考テストでもある)

Financial aid nightなどへの参加 (各学校で開催)

2

次の学年のクラスを選ぶ
大学訪問 - 春冬休みを利用して志望大学を訪問する人も多い
夏休み - 志望大学のキャンパスツアーなどへの参加
Early Decision, Early Actionをする場合は、願書の準備を始める
5

(受講していれば)AP Exam

6

SAT Subject Tests

先生によってはRecommendation letter formsを夏休みの前にという方もいる


12年生(Senior)
9月 ガイダンスカウンセラーと相談し、志望大学リストを作る(Safe school 安全圏内, Match school 学力相応, Reach school 学力レベルより少し上、をそれぞれ2-3くらい)
各大学のWebsiteでapplication formとfinancial aidの締め切り(deadline)をチェック
Recommendation letter formsを先生に依頼
ガイダンスカウンセラーにTranscripts, Score reports等の申請を依頼
必要であれば、ACT, SAT, SAT Subject Testを受ける(受講のLast chance)
10月 Early decision, Early actionならば、願書を送付
FAFSA CSS Profileの申請サイトがオープンする
11月 必要であればFinancial aid formsを提出
12月 Early decision 結果発表(不合格ならRegular受験の準備)
1月 Regular 受験の願書を提出
2月 カウンセラーに申請大学へのMid-year grade reports(中間成績表)の提出を依頼
3月 必要であれば、FAFSA  CSS PROFILE を提出
4月 大学からの結果発表
Financial aid award の結果を受け取る
各大学の Financial aid packages< を比較し、5月1日までに進学校を決定する
5月 (APを受講していれば)AP Exam
カウンセラーにFinal Grade(最終成績表)を送付してもらう
進学大学から送られてくる書類に必要事項を記入
Deposit を払う

大学生へ


オリエンテーションなどへ参加、銀行口座開設、入寮手続きなど



高校により異なることがありますので、詳細は各学校のカウンセラーへお問い合わせ下さい。