SAT, ACT, SAT Subject Tests

SAT (Scholastic Aptitude Test)

College Board(大学評議会)が運営し、全国的に同時に実施される全米標準テスト。米国の高校生を高校格差なく比較するために、大学を受験する際の学力を測る共通テスト。2005年3月から新しい SAT が導入され、米国の大学の授業内容に沿ったた試験内容となっている。Critical Reading、Writing、Math が、それぞれ200点から800点の表示、合計2400点満点で評価される。

http://sat.collegeboard.org/home

試験方法 は

    • Section1 Writing・小論文(25分)

    • Section2~7 25分

    • Section8~9 20分

    • Section10 Writing・多岐選択問題(10分)

各科目ともマークシートで解答し、Writingのエッセイは解答用紙に鉛筆で記入する。

    • Critical Reading ― Sentence Completions、Passage-based Reading

    • Writing - Short Essay 25分 Multiple-choice 10分と25分のセクションがある。

  • Mathematics ― 3セクション(25分セクション2、 20分セクション1) Multiple-choiceとStudent-produced responsesがある。

Regular registrations fee $49.00 (Late registration fee $75.00)

下記ウェブサイトに SAT Test date, Fees などがのっているのでご確認ください。

http://sat.collegeboard.org/register/sat-dates

ACT (The American College Testing Program)

SATと同じく別団体が運営する全米標準テスト。マークシート方式で、English, Math, Reading, Scienceの4科目。Writingはは希望者のみで、配点は最高総合点が36点。試験日は毎年、9・10・12・2・4・6月。 Basic registration fee $34.00 (+Writing $49.50)

http://www.act.org

SATやACTは、大学の出願が12年生の11月から1月なので、11年生の3月、または6月、12年生の9月(10月)の受験が一般的です。

SAT と ACT の点数比較表

(wikipedia score_comparisons より)

SAT Subject Tests

SATの科目別テスト。英語、歴史・社会学、数学、自然科学、語学の5分野・20科目の中から、一回の試験で最高3つまでを受験できる。各テストはSAT 同様の各200点から800点のスケールで評価される。通常、SAT Subject Tests は大学側が科目も指定している。

受験期は6月。

SAT Subject Test Fees

    • Base fee $22.00

    • Language with Listening Tests fee $+22.00

    • All other Subject Tests fee $+11.00

http://sat.collegeboard.org/register/sat-dates